東洋車両
home 会社概要 当社の歴史 納車間での流れ 修理事例 サイトマップ
修理事例
修理前
修理前受け入れ車輌

弊社では鈑金作業者と塗装作業者は分業化し、それぞれ専門のエキスパートを配し、お客様の多様なニーズに応えられるように日々研鑚しております。

板金 鈑金作業

凹み引出し専用工具で大まかに復元し、その後鋼板面の細部をガスの炎で加熱し延ばしたり、冷却して絞ったり、歪み等を鈑金ハンマーにて素地を整えます。専門スタッフの長年培った知識や経験と技の見せ所です。
下地処理 鈑金終了後、下地処理にかかります。

鈑金を行った部分等にパテ付け、粗研ぎ、面出しと続きます。特に面出し作業は難しく正確に面が出せるか、これも経験と技が必要となります。良し悪しによって仕上がりに大きく影響いたします。
面出しが奇麗に出ていることを確認した後、ペーパー傷を埋めたり、塗装の密着をよりよくするため、サフェーサ塗装を施し、極細なペーパーで最終研ぎ出しを行います。
塗装 下地処理終了後、仕上塗装に入ります。

塗装不必要な部分を養生紙や養生用ビニールシート等で被覆し塗装に入ります。色調機器から作り出した塗料を微調整する卓越した色調感覚と吹き付けの技、高品質塗料(人や環境にやさしいエコ塗料を使用)や最新式塗装ブース等すべての結集が作り出す最高の光沢と塗膜を実現致します。
仕上がり 仕上がり

弊社導入の環境対応型塗装ブースは高品質の仕上がりと、作業者の健康管理面、地域の環境等にも配慮した設備です。
home